工事のお知らせ


伊香保温泉 千明仁泉亭 は、伊香保を愛した明治の文豪「徳冨蘆花」が常宿として贔屓にした旅館です。
悲劇の物語小説『不如帰』の冒頭を飾る千明仁泉亭。 変わりなく湧き出る豊かな源泉「黄金の湯」と、果てしなく澄んだ空に広がる上州連山や谷川岳などの山並み。古き佳き伝統を守る心はそのままに、昔も今も一期一会の気持ちで、旅人を迎えてまいります。

宿泊のご案内

おすすめプラン

宿PV :千明仁泉亭

伊香保の楽音会について

伊香保の楽音会について


チケット販売について>>


 ページ上部に戻る

群馬県伊香保温泉/創業500年時代の息吹が薫る宿